白髪染ってめんどうですね

私は割と若いうちに白髪になり始めたので、白髪染とはもう長い付き合いになります。なり始めの頃はそんなに本数も多くないので、部分的に白髪のところだけ 染めていたのですが、だんだんと本数が増えてくると全体的に染めないといけなくなるので大変です。

なるべくなら白髪が黒い髪に戻らないかなと思い、口コミ で黒ゴマペーストを毎日食べると良いと聞いたので試してみましたが、あまり効果はありませんでした。

白髪染めおススメランキング

(友達の中には効果があったという人もいましたが)そ れなので現在は市販の白髪染を定期的にするようにしています。昔は白髪染も匂いが気になったり染まり具合がいまひとつなものもありましたが、現在は泡状の ものを直接手袋で髪に塗ったり放置時間が短いものがあったりと色々便利なものが作られているので、昔より楽になりました。

中にはトリートメントタイプのも のもありシャンプー時に白髪を染められるので楽ですね。白髪というのはやはり頭皮の状態も関係すると思いますのでマッサージなどで頭皮の血行を良くしたり することも大事なことだと思います。そしてストレスをあまり溜めないようにして、精神的にもリラックスした毎日を送ることも心がけるようにしたいと思いま す。

育児疲れで白髪が増えてしまいました

2人目を出産してしばらく、朝昼晩と授乳するため疲れが溜まっていたようで、白髪が増えてしまいました。以前は髪の分け目を変えた時に白髪があることが気 になった程度だったのに、今では髪をかきあげると5.6本すぐに見つけられてしまいます。

また、こめかみ辺りの生え際にも数本白髪があって、毎朝鏡を見る ことが嫌になりました。白髪染めをしようか迷ったのですが、お金が掛かることが嫌でなかなかできていなかった状態が続きました。けれど、そろそろ限界がき てしまい、ネットで白髪染めについて調べ、自宅ですることに決めました。

私はここ4年程カラーリングしておらず、髪は白髪以外は真っ黒で重たいイメージ だったので、どうせなら白髪染めで全体的に茶色に染めたいと思っていました。けれど、白髪染めは白髪に色をつけるもので、黒髪には色がつかないと分かりど うしようかと悩んでいました。どうにかして、白髪と黒髪どちらも茶色に染めることができないかと調べていくと、ウエラトーン2+1白髪染めクリームタイプ が白髪と黒髪を染めることができると分かりました。早速試してみると、白髪染め初心者の私でも綺麗に染めることができました。美容院で白髪染めと黒髪を茶 色に染めるよりも安く染めることが出来て大満足です。

出逢って良かった、自分に合う白髪染め

白髪が気になり始めたのは、40代後半になってからです。一か月に二三度ぐらい、ヘアケア中に長い白髪を一本か二本見つけてゾッとすることがありました。 その時は「うわっ、イヤだ、どうしてこんなに長くなるまで気が付かなかったの?」と抜いて済ましていました。合わせ鏡で後頭部や頭頂を見ても、目立つ白髪 が何本もある・・・というほどではなかったのです。だけど、いつも言っているサロンの美容師さんには「どんな人でも50歳までには白髪染めが必要になるで しょうね」って言われていて、自分は何とか白髪染めを使わずに50歳になりたいな、と思っていました。以前カラーリングを試して、ひどく頭皮と髪を傷めた ことがあったので、恐怖感があったんです。けれどもそれから二年、白髪を見つける間隔は加速度を付けて短くなり。毎月から毎週、そして毎日、朝髪を梳くた びに、生え際やこめかみにチョロっと白髪が立つようになったのです。これを放置するのはあまりにみっともない。ついに白髪染めデビューです。

最初は美容師 さんに相談して、かなりのお金を使って染めて貰いました。痛みや荒れはなかったけど、一回目で効果が満足できず、三回やってようやく綺麗に。時間とお金が かかることに辟易して、友達に訊いたりネットで調べたりして市販の白髪染めを試してみました。そして巡り合ったのはスカルプDのヘアカラートリートメン ト。その前にDHCのクイックトリートメントを使っていて、仕上がりは良いけど染まり方が薄くて不満だと友人に相談したら、これを勧められたのです。いや あ、スカルプD、素晴らしい小品です。一回でしっかり染まって、髪の艶も良くきしまない。お値段も、サロンでしてもらうことを考えれば安すぎるぐらいで す。こんなに満足できる白髪染めに出逢えるとは思いませんでした。いろいろ試したり、情報を集めたりする事って本当に大切だな、と思いましたね。

泡やムースタイプの白髪染めを愛用しています。

もともと子どもの頃から若白髪が多く、そういうものだと諦めていたのですが、大人になり20代の時に後ろ姿を見て「オバチャン」と呼びかけられたのをきっかけに白髪染めを始めました。
とにかく白髪の量が多く、おそらく毛髪の3分の1は完全な白髪です。最初は美容室でカットの際に白髪染めも同時にお願いしていたのですが、やはり女性ということもあり頻繁に通うにはお金がかかるのがネックでした。
そんなわけで、徐々に自宅でできる白髪染めを使用するようになっていきました。2つの薬剤を混ぜ合わせてブラシで梳かして使うクリームタイプのものを愛用していたのですが、手間がかかることと、髪を長い時はうまく染められないと感じるようになりました。
最近では、手にとって泡を直接髪に揉み込むタイプのものを使っています。特にドクターシーラボのヘアカラーフォームは、キメの細かい泡を揉みこんで10分 ほどでしっかり染まるのでとても気に入っています。泡だから髪に馴染ませやすく、長い髪の先端まで揉み込めます。また、染まりきらずに白髪だけ明るい色に なって終わってしまうなどということもありません。ヘアカラーにつきものの刺激臭もなく、なにより必要な分だけ使用したら、残りは保存しておけるのが経済 的にも嬉しいです。
いっそ全部の髪が真っ白になってしまえば開き直りもできますが、ずっと対処しなければいけないこと、少しでも手軽に、懐にも優しく済ませたいので、これからもこのヘアカラーを愛用していきたいと思っています。

1 2 3 4